水虫って、大人の男性だけの病気(病気?だよね)じゃないんですね。
いや、子供の頃からそういったイメージが刷り込まれていたもので。
まさか子供がなろうとは、露程も思ってませんでした。

でも、考えてみればそうですよね。
水虫の原因菌の白癬菌、ていうんですか?どうやらカビらしいんですが(カビですよ、カビ!)、その菌が性別で区別するわけがありません。
で、大人がなるということは、子供だってなる可能性はゼロではない。
抵抗力とか生活習慣とかで、なりやすい・なりにくいはあるとは思いますけど。

そういやウチの子供、ここ何ヵ月靴下がマイブームだったなあ、ちょっとくらい濡れても、汗かいても靴下は脱がないんです。
湿気むんむん、カビの繁殖には「コンデイション良」の状態、今考えるとまずかっと思います。

何となく「爪が汚れてるなあ」と感じてはいましたが、体の不調を訴えるわけでもないし、動きや外見的には変化がなかったので…迂闊すぎました。
しかし、うだうだしてても水虫(正確には爪水虫)は治りません(反省は必須ですが)。
幸い子供の爪水虫は重度には至ってはいない模様、情報収集開始です。
その結果分かったことなんですが、病院では子供の手足の爪水虫の薬は処方してくれないらしい。

というか、子供用の水虫薬自体が存在しません。
どうやら、水虫の内服薬は結構きつい薬みたいです。
となると市販薬?良いのがあればいいな…。